タイトル

〒063-0006 北海道札幌市西区山の手6条9丁目1−1

御問い合わせ TEL:011-621-1200

    •  道内随一の充実したリハビリテーションをがん患者様にも安心して受けていただけるよう、がんのリハビリテーションを主目的とする“がん診療部”を開設いたしました。 がん治療を終了した患者様が、“その後の人生をより良く送る”ことができるよう、お手伝いをさせていただくことを目標にしております。

     がんの治療におけるリハビリテーション(がんリハ)の重要性について

    •  現代は、「日本人のうち、2人に1人が“がん”にかかる時代である」、と言われております。しかし一方で、一昔前まで不治の病であった“がん”も、 医学の進歩により長期生存が可能な時代になってきております(最近の調査では、全がんの五年生存率は、男性55.4%、女性62.9%と、 少なくとも半数以上の長期生存が可能であり、がん治療を終えた“がんサバイバー”が日本では500万人にのぼるといわれています)。 このような変化に伴い、今後がんの治療を終えた方々が、在宅療養や、さらには職場などへの社会的な復帰のために、症状の緩和や生活能力の維持改善を目的とした、 “がんのリハビリテーション” を行うことは非常に重要なこととなってきております。 また一方で、がんの病状が進行し根治が難しい状態の患者様におきましても、リハビリテーションを行うことは、 入院生活から在宅療養への復帰などに向け、ご自身やご家族のご希望をかなえ、より良き時間を過ごしていく上で、緩和ケアとともに重要なことであると考えられます。

     札幌山の上病院のがん診療部、がんリハビリテーションの特色

    •  当院でのリハビリテーションは、北海道でも随一の充実したリハビリテーション部スタッフと、医師、看護師、 ソーシャルワーカーなどの関係部署が綿密に検討したチーム医療のもとで行っております。一人一人の患者様に対し、 現状と目標に適合する最適な方針をグランドカンファレンス等で十分に検討させていただき、 患者様の目的とするゴールに向けてオーダーメイドでのリハビリテーションを行ってまいります。 入院中のがん患者様が呈する様々な症状や問題に関しましては、がん治療認定医(外部リンク)として一般外科、 消化器外科(胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆管がん、すい臓、乳がん、など)でがん治療に携わってきた経験と、緩和医療の経験を生かしながら、 がんの患者様が安心してリハビリテーションを受けることができるよう、責任をもって対応させていただきます。